経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

【7/23】「鬼速PDCA」勉強会―社長が抱える「PDCAの詰まり」を無くし、組織の成長を10倍速にする―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セミナー概要

お気に入りに登録
社長だけが「1人で」「間違った」PDCAを回していませんか。

◆結果、顧客や市場の変化に、会社が対応できていない
◆結果、社員が業務に追われて、やりっ放しの施策ばかり
◆結果、アイデアはあれど、実行されずに流れている

GoogleのOKR、TOYOTAのカイゼン、マッキンゼーの戦略立案など、名だたる成長企業の根底にある考え方、それは「PDCA」であると言われています。

ただ、その手順を間違えると、能力の高い社長が全力でPDCAを回せば回すほど、会社の生産性は下がっていってしまいます。人が増えても、売上が伸びません。

今回のイベントではPDCA領域で世界一の出版部数となった弊社代表の書籍『鬼速PDCA』(12万部突破)をベースに、社長が陥りがちなPDCAの問題と、成長し続ける組織の共通点を解説します。
  • 主催

    株式会社ZUU

  • 開催日時

    2019/07/23(火) 19:00~21:00

  • 分野

    経営全般

  • 会場

    株式会社ZUU本社

  • 住所

    東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー9F(地図を表示)

  • 対象

    法人企業の経営者

  • 費用

    無料

プログラム

■第1部:
3年間の売上成長率5,195%を実現。ZUU代表冨田によるPDCA講座
「社長がついついやってしまう。組織の成長を止める、3つの間違ったPDCA」
第1部では『鬼速PDCA』の著者でありZUU代表の冨田による講座を行います。人員は増えても売上が伸びない、成長が鈍化している際に、社長がついついやってしまっているPDCAの問題を、図解を用いて解説します。

<当日のトピック例>
・成果=量×質。気合と根性でなく「時間資本」をコントロールする
・90%の会社で起こる「解決策ファースト」が売上にもたらす影響
・KPIマネジメントだけでは、成果を改善できない理由
・「最短距離」設計。オペレーション管理でなく、会社のイノベーション管理を
・大PDCAと小PDCA。 会社の目的と現場の行動を接続する


■第2部:
組織別の課題に合わせたQ&Aセッション
「社長1人でなく、PDCAの組織運用を定着させる仕組みとプロセス」
第2部では、経営者の方々から実際に現場で起きている課題や悩みを伺い、冨田が鬼速PDCAのメソッドを活用して、解説を行います。

<当日のトピック例>
・情報共有はゼロに、15分×2回の「半週」会議の進行とアジェンダ
・経営会議の生産性を高める「リミッター外し」の実践方法
・社長の時間を30%作り出す、工数棚卸シートの運用
・1on1 MTGで、経営幹部のPDCAを加速するコーチング手法



登壇講師

  • 株式会社ZUU 代表取締役

    冨田 和成

    神奈川県出身。一橋大学在学中にIT分野にて起業。2006年大学卒業後、野村證券株式会社に入社。本社の富裕層向けプライベートバンキング業務、ASEAN地域の経営戦略担当等に従事。2013年3月に野村證券を退職。同年4月に株式会社ZUUを設立し代表取締役に就任。

詳細

開催日時 2019/07/23(火) 19:00~21:00
会場 株式会社ZUU本社
住所 東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー9F(地図を表示)
最寄駅 田園都市線「池尻大橋駅」東口より徒歩7分
講師 冨田 和成氏
受講料 無料
支払方法
定員 10名
特典 5,195%の売上成長を実現した"鬼速PDCA組織改革キット"を無料贈呈
参加申込期限 2019/07/22(月) 18:00
申込後のキャンセル期限 2019/07/22(月) 18:00
受講対象 法人企業の経営者
主催 株式会社ZUU

企業情報

提供 株式会社ZUU
住所 〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー9F 
代表者 冨田 和成
資本金 8.9億円(資本準備金含む)※3月末時点
売上高
従業員数 52人 (臨時雇用者を除く、2018年4月末現在)
事業概要 アッパーマス~富裕層向けフィンテック・プラットフォームの運営
金融機関のフィンテック化支援
金融機関と転職希望者の金融特化型リクルーティング支援
その他
URL https://zuu.co.jp/

このページを閲覧した人がよく見る関連情報

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら