経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

テレワーク導入によるセキュリティ対策の状況は。アクセス方式やパスワード設定の方法等を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HENNGE株式会社は2021年7月6日、「企業におけるテレワークとパスワードに関する調査」の結果を発表した。調査期間は2021年6月17日~18日で、従業員数100名以上の企業で情報システム部門に従事する500名から回答を得た。これにより、テレワークにおけるセキュリティ対策の状況などが明らかとなった。

テレワーク導入企業が8割に迫る。SaaS利用企業も4割近くに

はじめに「勤務先でのテレワーク実施状況」を尋ねると、2021年6月時点で「実施している」が77.8%と、2020年3月の27.9%から49.9ポイント増に。これに対し、「実施していない」は19%で、前年の64.9%から45.9ポイント減となった。新型コロナウイルス感染症の流行により、多くの企業でテレワークの導入が進んだ状況が見て取れる。
テレワーク導入企業が8割に迫る。SaaS利用企業も4割近くに

また、「勤務先でのSaaS利用状況」を尋ねると、2021年6月時点で「利用している」は38.6%と、2020年3月時点の17.2%から21.4ポイント増加。「利用していない」は28.4%と、前年の46.8%から18.4ポイント減少した。新型コロナウイルス感染症対策として導入された、テレワークやweb会議ソリューション等の影響から、この1年あまりでSaaSを導入する企業が急増しており、セキュリティ対策の重要性は増しているようだ。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら