経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「ハラスメント対策」を十分行っている企業は少数派に。職場におけるハラスメントの状況を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハラスメントを相談しない人が4割以上に。男性は女性に比べ相談しづらい傾向か

最後に、「ハラスメントを受けたとき、誰かに相談したか」と尋ねると、「相談した」は56.8%、「誰にも相談しなかった」は43.2%となった。全体では4割以上が誰にも相談しておらず、女性の33.5%に比べ、男性が53.5%と目立つ結果となった。
ハラスメントを相談しない人が4割以上に。男性は女性に比べ相談しづらい傾向か

3割を超える人が、職場でのハラスメントを経験しているのに対し、その対策が十分できているとはいえないようだ。まずは、それぞれのハラスメントに関して、「正しい定義」や「禁止事項」をトップダウンで伝えるなど、職場全体での理解を深める対策を急ぐ必要があるだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら