経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

政府の掲げる「出社率70%減」に対し、テレワークはどの程度普及しているか? 新型コロナ前と働き方は「変わらない」は約7割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

また、「2020年4月の段階でテレワークに移行できた人の割合」を職種別に見ると、「事務職」が30%、「営業職」が17%、「エンジニア」が11%だった。事務職やエンジニアはもともとパソコンを使った作業が多いため、テレワーク環境も整いやすかったといえる。また、営業職は、オンラインを使った商談や契約が可能となり、システムさえ導入していればテレワークへの移行はスムーズなようだ。

6割弱が「今後もテレワークを続けたい」と肯定的

最後に、「今後もテレワークを続けたいか」を尋ねた。すると、「テレワークを続けたい」が57%と最も多い結果に。以下、「テレワークが良いが、少し出社を増やしたい」が24%、「今よりもテレワークを増やしたい」が9%と続いた。「通勤のストレスがない」、「通勤時間を家事や育児にあてられる」など、自宅で仕事ができる快適さから、テレワークに対して肯定的なビジネスパーソンが多いことが示された。
6割弱が「今後もテレワークを続けたい」と肯定的

「通勤がなくなり、家事や育児にあてる時間が増えた」など、テレワークにより時間を有効活用できていると感じているビジネスパーソンも多いだろう。社員のライフワークバランスや企業の生産性向上のために、効果的なテレワークのあり方を模索していきたい。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら