経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

就業時間内の新型コロナのワクチン接種を可能とするほか、副反応には最長3日の特別有給休暇も。メタップス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社メタップス(以下、メタップス)は2021年5月24日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関する対応方針を策定したと発表した。従業員が希望する場合、就業時間内の接種を可能とし、会場までの交通費を支給する。また、ワクチンによる副反応が見られた場合には、接種日翌日から最長3日間の特別有給休暇の取得も可能となる。希望者が接種しやすい環境を整えることで、従業員やその家族の不安解消につなげるとともに、国内のワクチン接種の促進に寄与していく考えだ。

新たな対応方針で、従業員やその家族の安心・安全を担保

現在、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、日本でもワクチン接種が開始された。そこでメタップスでは、従業員やその家族をはじめとしたステークホルダーの安全や安心を最優先に考え、新型コロナのワクチン接種に関する対応方針を策定した。

従業員が新型コロナのワクチン接種を希望する場合、就業時間内であっても接種可能(該当時間の就業免除)とし、医療機関や接種会場までの交通費を支給する。また、ワクチンによる副反応が出た場合には、接種翌日から最長3日間の特別有給休暇の取得も可能だ。

さらに、従業員の家族がワクチン接種する際に付き添いが必要な場合も、その時間は就業を免除する。加えて、家族が副反応を起こして看病等が必要なときは、接種日翌日から最長3日間の特別有給休暇を取得できる。

期間は、国が定めるワクチン接種期間に準じ、2021年5月21日~2022年2月末を予定しているという。対象となるのは、同社の正社員、契約社員、パートタイマー、アルバイトといった全従業員とその家族で、2回目の接種の際にも適用される。

こうした対応により、柔軟な接種時間の確保および接種日の分散へとつなげ、国内のワクチン接種がより円滑かつ迅速に進むよう支援していきたいという。

日本でも新たなワクチンの認可が下り、今後も接種が進んでいくと考えられる。企業が、従業員自身や家族が安心してワクチンを接種できる環境を整えていくことで、その命を守ることにつながるだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら