経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

企業の経営者・幹部は「幹部社員の育成」と「評価制度」に課題を感じている。DXに関する投資状況も明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全業種で「教育体系の見直し」、「評価制度の見直し」を重要視

また、「組織・人材(HR)に関する重要施策」を尋ねた。すると、全業種を通じ「教育体系・計画の見直し」が最も高い結果に。「評価制度の見直し」と回答した業種も多いことから、教育と連動した評価制度の再構築を検討する企業が多いと推測される。
全業種で「教育体系の見直し」、「評価制度の見直し」を重要視

約半数がDX投資状況を「実施しているが成果が不十分」と回答

続いて、「DXに関する投資状況と成果」について尋ねた。すると、実施しているとした企業のうち、約半数にあたる48.6%が「実施しているが成果が不十分(不明)」と回答。期待値ほど成果が出ていない、もしくはDXに対する過度な期待が評価を下げている可能性が示唆された。
約半数がDX投資状況を「実施しているが成果が不十分」と回答

DXに関する強化領域“首位”は「生産性を高めるためのDX」。業種ごとの差が出る結果に

最後に、「DXに関する重点テーマ」を尋ねた。すると、すべての業種において最も多かったのは「業務の生産性を高めるためのDX」に。特に、「製造業」や「サービス業」からの回答が多くなった。製造業では、生産工程における生産性向上を目的として、DXを推進していく方向がうかがえる。

業種別に確認すると、サービス業は、他業種よりも「人的資源管理のDX」が多いことから、「人時生産性」に着目し、バックオフィス機能の生産性向上を主軸に置いている。住宅・建設業は「ワークスタイル変革を目的としたDX」が多く、働き方改革を主眼においた、DXを推進する狙いのようだ。

小売業では、「マーケティングのDX(MAツール・Web等)」が顕著に高く、マーケティング強化を重点としていることがうかがえる。卸売業は「デジタルを前提とした事業開発」が高く、DXによりビジネスモデルを見直していく構えであることがわかる。
DXに関する強化領域“首位”は「生産性を高めるためのDX」。業種ごとの差が出る結果に

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら