経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

リモートワーク下における1on1の実態を解析。「部下が上司に求めること」や「上司が得意とするサポート」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上司の得意な対応は「部下の話を聞く」こと

最後に、1on1で話されたトピック×対応ごとの「部下のすっきり度」を比較し、「上司が得意、もしくは苦手とするトピックの対応」について分析した。マトリクス内の色分けは、緑色が濃いほどすっきり度が高く、赤色が濃いほどすっきり度が低いことを表している。

トピック別に見ると、「プライベート」、「スキルや力の向上」、「今後のキャリア」などのすっきり度が高く、上司側が対応を得意とする傾向にあるようだ。一方で、「会社や部署の方針」、「人間関係」、「心身の状態」は比較的苦手な傾向にあるといえそうだ

また、対応別に見ると、「話を聞いてほしい」、「報告したい」については得意とする傾向があり、「一緒に考えてほしい」という要望は、苦手な上司が多いことが示された。
上司の得意な対応は「部下の話を聞く」こと

リモートワークの普及で、対面でのコミュニケーションが減少し、悩みや不安を抱えがちなビジネスパーソンもいるだろう。生産性向上に繋がる働きやすい環境づくりには、「心理的安全性の確保」が重要だ。コミュニケーションの質を改善する方法を、継続的に模索してきたい。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら