経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

リモートワーク下における1on1の実態を解析。「部下が上司に求めること」や「上司が得意とするサポート」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1on1プラットフォームを提供する株式会社KAKEAIは2021年4月16日、リモートワーク下における1on1の実態に関する解析結果を発表した。これは、同社のプラットフォームにて2020年11月1日~2021年3月31日に実施された1on1の実績データから10,000件を無作為に抽出し、解析したものだ。具体的には、部下が1on1の前に選択する「話そうと考えている『トピック』」と「上司に『求める対応』」、および部下が1on1実施後に選ぶ「1on1の後の『すっきり度』」を解析している。これにより、1on1で話されているトピックや部下が上司に求める内容、1on1後の部下の満足度などが明らかとなった。

部下側が事前に選択したトピックの傾向は?

1on1を行う目的として、「上司と部下の信頼関係の醸成」や「課題の把握」などがあげられる。それでは、世の中の企業はどのように1on1を行っているのだろうか。

はじめに、「部下が選択した1on1トピック選択の傾向」について分析した。すると、「業務以外のトピックのみ」が35.6%と最も多く、以下、「業務の進捗や進め方のみ」が35.1%、「業務+他トピックを幅広く」が29.3%と続いた。いずれの回答も3割程度と、結果はほぼ均等に分かれた。
部下側が事前に選択したトピックの傾向は?

1on1の場で最も会話されたのは「業務の進捗や進め方」

次に、「実際に1on1で会話されているトピック」を分析すると、「業務の進捗や進め方」が52.1%と過半数を占めることが判明した。

一方で、「人間関係」や「心身の状態」、「プライベート」など業務以外のトピックも幅広く選択されていることから、1on1は「部下が上司に業務以外の相談を自発的に行う場」になっていることがうかがえる。また、「今後のキャリア」(10.1%)や「会社や部署の方針」(10.6%)などもあり、リモートワーク下のコミュニケーション不足から発生しやすい課題の解決にも、1on1がひとつの手段として機能しているといえるだろう。
1on1の場で最も会話されたのは「業務の進捗や進め方」

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら