経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

従業員が感じる「社長との心理的距離」は1万キロ!? リモートワーク頻度が高いほど距離感は埋まらないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社JTBコミュニケーションデザインは2021年3月23日、「ニューノーマルの社長との心理的距離調査」と題したアンケート結果を発表した。調査は2021年1月29日~30日に、従業員数500人以上の企業にフルタイムで勤務するビジネスパーソン(一般社員から部長クラスまで)を対象にしたもので、平均週2日以上リモートワークをしている1,030名より回答を得た。これにより、リモートワークを行う社員が感じる、上司や同僚との心理的距離やモチベーションとの関連などが明らかになった。

社長との心理的距離はリモートワークに影響されるのか?

リモートワークが普及するなか、ビジネスパーソンが感じる「社長や上司、同僚との気持ちの上での距離(以下、心理的距離とする)」はどのように変わったのだろうか。

はじめに、「社長との心理的距離」について尋ねた。その結果、「違う都道府県にいる感覚(500キロメートルくらい)」が23.9%と最も多かった。次いで、「別の部署、別のフロアにいる(30メートルくらい)」が21%だった。

中には「違う星にいる(4億キロメートルくらい)」(14.4%)や「海を隔てている、違う国にいる(1万キロメートルくらい)」(10.8%)など、社長との距離は「1万キロ以上ある」だと感じている回答者を合わせると25.2%となった。
社長との心理的距離はリモートワークに影響されるのか?

次に、先述の結果を従業員のリモートワーク頻度毎に比較した。すると、「違う星にいる」は、リモートワーク頻度が高い人ほど選択する傾向にあることがわかり、「平均して週に2日程度」では9.6%なのに対し「ほぼ毎日リモートワーク」では18.3%だった。オフィスに物理的に出社しないことが、社長との心理的距離が増す要因の一つになっていることが示された。

自由回答では、リモートワークによって「以前よりもオンラインのコミュニケーションの機会が持てている」という肯定的な声もある一方で、「社長と直接会う、話す機会は減った」、「社長からの発信はない・思いが伝わらない」といった声も寄せられた。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら