経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

世界の労働者はコロナ禍での不確実性をどう捉えたか? 雇用主に望むサポートとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理想の働き方は「出社と在宅勤務を組み合わせたハイブリッド型」、柔軟な就業時間については日本と世界で差が

最後に、「今後の理想の働き方」について聞いた。「オフィス出社と在宅勤務を組み合わせたハイブリッド型の勤務形態」を望む声は、グローバル平均が35%、日本が34%と同水準だった。日本でもテレワークの標準化が進み、急速に普及した在宅ワークを含む新しい働き方が浸透しつつあることがうかがえる。一方、「フレキシブルな就業時間」を望む声は、グローバル平均が24%だったのに対し、日本は12%にとどまり、12ポイントの差が見られた。日本の労働者は「就業時間の柔軟性や自由度」へのこだわりは強くないようだ。
理想の働き方は「出社と在宅勤務を組み合わせたハイブリッド型」、柔軟な就業時間については日本と世界で差が

新型コロナの流行から1年以上が経過した現在もなお、収束の兆しは見えない。不確実要素の多い今だからこそ、企業の安定運営に向けて雇用主が考えるべき重要性な取り組みは何かを、様々な動向から探っていきたい。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら