経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

管理職層は「AI(人工知能)」についてどう捉えているのか。課題はAI人財の不足にあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アデコ株式会社は2021年2月4日、「AI(人工知能)導入に関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は2020年12月5日~7日、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に本社がある上場企業の管理職(部長職・課長職)800名から回答を得た。これにより、管理職のAI導入に関する意識や、今後の予測が明らかとなった。

自社のAI導入率は2.5割程度

上場企業に勤務する管理職は、AI導入に対して課題感や必要性を感じているのだろうか。はじめに、「勤務先でのAI導入状況」を尋ねた。その結果、「すでに導入している」が25.6%、「3年以内に導入予定」が27%と、半数以上の52.6%が「導入済み」または「導入予定」であることがわかった。
自社のAI導入率は2.5割程度

3割超がAI導入をリードできる人財、扱える人財の不足に課題感あり

次に、「AI導入にあたり、直面している課題」を尋ねた。すると、「導入をリードできる人財がいない」が33%と最も多い結果に。以下、「AIを扱える人財がいない」が30.9%、「AIに学習させるデータがない・整備されていない」が22.5%と続いた。AI導入において、「率先して進められる人財がいない」ことや「導入環境の整備が進んでいない」といった課題があることが判明した。
3割超がAI導入をリードできる人財、扱える人財の不足に課題感あり

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら