経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

2度目の緊急事態宣言を受け「テレワークのセキュリティ意識」を調査。経営者以上に社員は危機感を感じている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自社のセキュリティ対策」について経営者の評価は二極化

最後に、経営者に「現在自社で導入しているセキュリティ対策は万全か」を尋ねると、「非常に思う」は12.9%で1割程度、「少し思う」が40.7%で最多だった。「あまり思わない」は30.6%、「全く思わない」は9.3%となり、約4割の39.9%が自社のセキュリティ対策に不安を抱えていることが明らかとなった。
「自社のセキュリティ対策」について経営者の評価は二極化

テレワークにより、自宅やコワーキングスペースなどさまざまな場所で遠隔業務が行えるようになった分、それに応じたセキュリティ面の配慮が必要となる。経営者としてその意識を十分に持ち、マルウェアの感染や情報漏洩などの問題が起きる前に、十分なセキュリティ対策を行いたい。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら