経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者の6割以上が、副業人材の受け入れで「生産性・業績が向上した」と回答。専門性の高い外部人材がもたらす効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

副業人材の受け入れにより、6割を超える企業で生産性や業績が向上

続いて、「副業人材を受け入れたことで、会社の生産性向上や業績アップにつながったと感じているか」を尋ねた。すると、「非常に感じる」が11.8%、「感じる」が51.8%と、合計63.6%の経営者が「副業人材の活躍が自社の業績に貢献している」と実感していることがわかった。
副業人材の受け入れにより、6割を超える企業で生産性や業績が向上

専門性の向上で事業の幅が広がり、採用にも好影響が

前設問で「副業人材の受け入れが生産性向上や業績アップにつながっている」とした回答者に「その要因」を尋ねると、「専門性の高い分野を副業で補うことで事業の幅が広がった」が44.3%で最も多くを占めた。以下、「人材を適材適所に配置でき、社員ひとりひとりの生産性が上がった」(32.9%)、「副業の受け入れによって優秀人材が集まりやすくなった」(32.9%)と続いた。

また自由回答では、社員にない知識を持つ人材の投入により「業務内容など、気付かなかったことを新たに知ることができた」、「これまでできなかったことが可能になった」といった声も寄せられた。
専門性の向上で事業の幅が広がり、採用にも好影響が

効果を感じる一方で課題を抱える企業も

最後に、「副業人材を受け入れる上での課題」を尋ねると、「自社の秘密情報漏洩のリスク」を挙げた経営者は40%にも及んだ。以下、「他社での業務量を把握した仕事の割当て」が34.5%、「副業人材のための人事評価制度確立」が23.6%となった。

また、自由回答では「本業が疎かにならないように成果主義を確立すること」や「トラブルや失敗への対応や責任の取り方」などを課題と感じている企業があると判明した。

効果を感じる一方で課題を抱える企業も

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら