経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

JCBがグローバル・オープンイノベーション・プログラム「SmartCityX」に参画、より豊かな暮らしの実現を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ジェーシービー(以下:JCB)は2021年1月13日、Scrum Ventures LLC(以下:スクラムベンチャーズ)が主催するグローバル・オープンイノベーション・プログラム「SmartCityX」に参画すると発表した。「SmartCityX」とは、大企業と世界中のスタートアップ企業が協働し、「生活者目線」で価値の高いサービスおよびアプリケーションを創出するプログラムだ。JCBは顧客一人ひとりに合ったサービス実現に向け、本プログラムの参加企業と共創していくという。

新たな価値の共創を求めて「SmartCityX」参画へ

昨今は急速なデジタル化が進展しているほか、新型コロナウイルス感染症拡大も影響を及ぼし、人々の「暮らし」は大きく変容している。このような中において、「経済発展」と「社会的課題の解決」を両立させ、政府が提唱した新たな社会「Society 5.0」を実現させていくには、「地域」や「年齢」といった格差に捉われず、個々の多様なニーズにきめ細かく対応したサービスの提供が不可欠だ。

こうした状況下で、JCBはあらゆる生活シーンでの決済を可能とするシステムや、IoTで連携されたデバイス同士が自動で契約から決済までを行うシステムなど、新たな決済ソリューションを考案。デジタルで管理された個人の属性情報を、オンライン上で安全かつ安心して活用できる「デジタルアイデンティティ基盤」などの実現により、経済発展や社会的課題を解決に導きたいと考えてきた。

しかし、これらのサービスをより生活者目線で使いやすいものにしていくには、さまざまなパートナー企業との協働による、オープンイノベーションの取り組みが必要となる。今回JCBは、新たな価値を生み出すイノベーションプラットフォームとして「SmartCityX」のビジョンに賛同したことから、本プログラムへの参画に至ったという。

本プログラムは、各業界を牽引する大企業と世界各国の最先端のスタートアップ企業が、「未来のまち」を共創していくものだ。社会のデジタル化や新型コロナウイルスによる社会変容を「変革のチャンス」と捉え、本プログラムに参画する企業とのオープンイノベーションの取り組みや、実際の「生活の場」を想定した実証を行うことで、産業や技術の視点ではなく「生活者目線」で、より豊かで充実した暮らし「ウェルビーイング」の実現に貢献していくという。
新たな価値の共創を求めて「SmartCityX」参画へ

企業同士が手を取り合い新たな視点を織り交ぜていくことで、より生活者に寄り添ったサービスの創出につながるかもしれない。この「変容のチャンス」を活かし、本プログラムのような活動への参画や、新たな目線でのサービス創造を検討してみてはいかがだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら