経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

電通が人生100年時代の新しい働き方「ライフシフトプラットフォーム」を設立、個人の多様な価値創造を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社電通は2020年11月「ライフシフトプラットフォーム(LIFE SHIFT PLATFORM、以下LSP)」の設立を発表した。同社に勤務するミドル社員に対して、キャリアを活かせる新たな選択肢を提供することで、年齢に捉われず、社会において長く価値を発揮する機会を持ち続けてもらいたい考えだ。

「仕事」を自立的に長期的に続けていくための、企業と個人の新たな関係性とは?

人生100年時代といわれるいま、「学業、仕事、老後」のステージのうち、人々が「仕事」に費やす期間は必然的に長くなっていくと想定される。このような時代に長期的かつ自立的に働くには、「学び直しの場や時間」、「複数の仕事に取り組める環境」、「新たな事業にチャレンジする機会」などが重要となる。

今回、同社が掲げた「LSP」は、2018年より有志で構想を立ち上げ、実現に向けて検討・準備を重ねてきた「新たな働き方の枠組み」だという。

これは、各個人が「一企業」のために働くのではなく、「社会」に対して発揮する価値を最大化するための仕組みだ。同時に、個人と企業・社会の繋がり柔軟にすることで、新たな関係性の構築を目指している。同社はこのLSPを具現化するため、新会社「ニューホライズンコレクティブ(New Horizon Collective)合同会社」(以下NH社)を設立し、2021年1月より事業を開始するという。

具体的には、LPSへの参加を希望する電通社員は、一旦同社を退職した上で個人事業主となりNH社と業務委託契約を締結、その上でNH社から一定の業務を受託する。これにより、「固定報酬+インセンティブ報酬」で安定的な報酬を得つつ、これまでとは異なる分野、新たな分野の事業に取り組むことが可能となる。また、NH社は個人のスキルや将来の展望などをデータとして集約しながら、新たな学びや仕事、仲間、チームづくりの機会を提供していくという。
「仕事」を自立的に長期的に続けていくための、企業と個人の新たな関係性とは?

従来の組織の枠を超えたこのような取り組みは、「個人がこれまで挑戦してみたかったこと」や「今まで踏み出せなかったこと」にチャレンジしてみるきっかけとなるだろう。自社と関わりの深い人材が、これまでの経験を活かしながら働ける新たな場を創ることは、企業にとっても新たな発展の礎となりそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら