経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

請求業務の効率が悪いのは経営陣のリテラシー不足が要因か? 7割が「ストレスを感じている」と回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エン・ジャパン株式会社は2020年11月4日、「発注請求業務に関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は2020年10月8~10月12日で、経理や財務、会計、管理に関する部署に所属する全国のビジネスパーソン900名より回答を得た。これにより、自社の請求業務における効率や、電子化に関するビジネスパーソンの意識が明らかとなった。

約4割が請求業務の「非効率さ」実感。最も非効率的なのは?

多方面でデジタル化が進むなか、全国のビジネスパーソンは、自社の請求業務についてどのように感じているのだろうか。

はじめに、「自社の請求業務は、効率が良いと感じるか」と尋ねた。すると、「効率が良いと感じている」が7.8%、「どちらかというと効率が良いと感じている」が15.6%と、請求業務を効率的に行えていると考えているのは、合計23.4%にとどまった。

一方、「効率が悪いと感じている」は11.9%、「どちらかというと効率が悪いと感じている」は26.9%となり、非効率的だと感じているビジネスパーソンは合計38.8%いるとわかった。
約4割が請求業務の「非効率さ」実感。最も非効率的なのは?

次に、自社の請求業務に対して非効率さを感じている回答者に、「特に効率が悪いと感じる業務」を尋ねた。その結果、最も多かったのは「押印業務」で、49%にのぼった。以下、「請求書の印刷や封入、投函などの作業」が45.3%、「請求書の管理や保管」が45%と続いた。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら