経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

個人M&Aの希望者、半数以上がコロナ禍で買収意欲が「高まった」と回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のM&A案件は、後継者不在のための事業承継や事業整理といった一部譲渡、個人事業の引継ぎなどと、選択肢が広がっている。また、コロナ禍での譲渡価格の下落や金利の低下で融資が受けやすくなるなど、買い手側の条件も変化しつつある。買収や譲渡を考える経営者は、自社の今後を見据え、M&Aの市場動向の把握を始めてみても良いかもしれない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら