経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

コロナ禍で企業の休廃業が懸念される中、6割以上が事業継承を「経営上の問題」だと認識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省の試算では、現状のままだと2025年までに日本企業の3分の1(127万人)の経営者が70歳以上かつ後継者未定となり、廃業が増加した場合、多くの雇用とGDPが失われるという。新型コロナの影響による休廃業のリスクも増加するなか、事業継承はこれまで以上に喫緊の課題だといえるだろう。具体策が見つからない企業や、課題を抱える企業もあるため、現状を慎重に見極めていきたい。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら