経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

緊急事態宣言で約半数の企業がテレワーク用のセキュリティ対策を実施、電子契約も加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「電子契約」の検討企業が増加

最後に、テレワークを阻害する要因の一つとして「ハンコ」問題が明るみになり、電子契約への関心が高まるなか、「電子契約の採用状況の変化」を聞いた。その結果、「複数もしくは一部の取引先間で電子契約を採用」とした企業は、1月と比べ大きな変化はなく、約4割だった。一方で、「今後採用を検討中(自社開発および外部サービス利用)」とした企業は、1月の27.5%から35.6%へと、約8%増加した。

テレワーク下の事務手続きの効率化を図るため、紙ベースの契約書から電子契約への移行が進みつつあるようだ。
「電子契約」の検討企業が増加

コロナ禍により、テレワーク勤務へと急速に働き方を見直した企業は多い。他社からの信頼と業務の円滑化をはかるためにも、セキュリティ対策や電子契約などによる業務効率化の推進は、今後欠かせないものとなりそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら