経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

トヨタ自動車と電通、マーケティング変革とモビリティビジネス創造を目的に新会社を発足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社電通グループは2020年9月16日、トヨタ自動車株式会社と協働で、2021年1月を目途に新会社を発足すると発表した。トヨタ自動車およびその子会社である株式会社デルフィスとともに、トヨタ自動車のマーケティング変革とビジネス創造を推進、加速していく考えだ。

各社の強みを活かしスピーディーな変革を

トヨタ自動車ではこれまでも、暮らしを支えるあらゆるモノとサービスが情報を通じてつながる時代が、CASE(コネクティッド/自動化/シェアリング/電動化)やMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の発展により実現することを見据え、顧客にとっての新たな価値と、ビジネスモデルを生み出すことにチャレンジしてきた。そして電通は、「人」を基点とする統合マーケティング・コミュニケーションやデジタル領域のソリューションを、国を問わずさまざまな業界へ提供している。

今回の新会社設立により、デルフィスが持つ自動車業界でのマーケティング力やリテール領域への強みと、電通の知見やノウハウを融合し、トヨタのビジネスモデル変革を迅速に推進する。これにより、トヨタの「顧客の信頼へとつながるブランド作りに向けたコミュニケーションの革新」や「時代の変化を先取りした新たなマーケティングへの革新」、「モビリティ社会でのビジネスチャレンジ」を追及していく。自動車メーカーや広告会社の領域を超えて顧客の状況やニーズを正しく把握することで、新ビジネスの展開・提案を目指すという。

2つの事業会社の発足によりビジネス革新をはかる

トヨタ自動車と電通グループ、デルフィスは、デルフィスによる電通グループへの第三者割当増資を含む資本業務提携契約を2020年9月に締結した。これにより、2つの事業会社と、それを統括する持株会社による新体制を発足する。

これにより、事業会社(1)では、デルフィスの事業を基盤として「顧客からの信頼を獲得できるブランド作りに向けた、新たなコミュニケーションの革新」、「時代の変化を先取りした新たなマーケティングへの変革」、「モビリティ社会でのビジネスへのチャレンジ」を行う。一方の事業会社(2)では、リテール領域のDX推進により、デジタルコミュニケーション分野の研究機関として、新たなる「仕組み」や「ビジネス」の創造に取り組む。また、持株会社では、新設事業を統括し、マーケティング領域の変革に関わる戦略的意思決定を行うという。

世の中の状況や顧客のニーズが目まぐるしく変化する世の中で、それぞれに適したビジネスやサービスを創出していくことが求められている。企業のさらなる成長に向けて、これまでの手法にとらわれない柔軟さが、今後ますます求められそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら