経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

コロナショックの影響で約半数の経営者が、計画の「変更・修正」を求められる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナショックで、経営の判断・決断が慎重になった経営者は約3割

最後に、「コロナショックによる、経営判断または決断への影響」を尋ねると、「判断・決断が慎重になった」との回答が28%と最も多かった。また、「これまでの基準で判断・決断ができなくなった(基準がわからなくなった)」との回答が16%と、今までにない事態に直面し、自らの判断基準が揺らいだ経営者もいると考えられる。
コロナショックで、経営の判断・決断が慎重になった経営者は約3割

コロナショックを受け、目標に対する変更・修正を余儀なくされた経営者も多い。目標を見失わないためには、変化に対する柔軟性や俊敏性を持ちつつ、立ち返るべき基盤を固めておくことが重要になるだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら