経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業の事業再編・事業統合等経費を一部助成する「経営資源引継ぎ補助金」、応募受付は8月下旬まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営資源引継ぎ補助金事務局(以下:事務局、運営:デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社)は2020年7月6日、令和2年度補正予算「経営資源引継ぎ補助金」の公募要領を開示。併せて情報取得が可能なWEBサイトを開設した。これにより、後継者不在事業者の経営資源の継承と事業再編を後押ししていくという。

補助金により後継者不在企業の経営資源・事業再編をサポート

中小企業庁の調べによると、2025年までに平均引退年齢とされる70歳を超える中小企業・小規模事業の経営者は約245万人にのぼると予想される。そのうち半数近くの127万人は、後継者が未定のままだといわれている。そこで、事務局では「経営資源引継ぎ補助金」を、令和2年度補正予算案として成立した「経営資源引継ぎ・事業再編支援事業」の一環として交付する。

本補助金の目的は、後継者不在事業者の経営資源の有効活用や事業再編支援だ。新型コロナウイルス感染症の影響下にあっても、中小企業の雇用や技術などの経営資源を継承することで、地域のサプライチェーン維持に貢献できるとしている。なお、本補助金の対象経費は、仲介手数料やデューデリジェンス費用、企業概要書作成費用などの「引継ぎ時の専門家等活用に係る費用」や、「経営資源の引継ぎに伴う譲渡側の廃業費用」などだ。

交付申請期間は、オンライン申請が2020年7月13日~同年8月22日、郵送申請が2020年7月13日~同年8月21日(当日消印有効)。応募方法や対象者は、中小企業庁または本補助金WEBサイトにて確認できる。
補助金により後継者不在企業の経営資源・事業再編をサポート

後継者不足が課題となる企業では、これまでの雇用や技術などを継承するために、引継ぎや事業再編が必要となることもあるだろう。補助金や外部のサポートを活用しながら、大切な財産である事業の適切な継承に努めてみてはいかがだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら