経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経済産業省が理系人材の採用強化で「イノベーション立国」を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社POLは、経済産業省が理系学生の獲得を目指し、優秀な理系学生をスカウトできるダイレクトリクルーティング型の採用サービス「LabBase」の利用開始を発表した。POLが提供している「LabBase」は、経済産業省に向けて、技術も行政も操れる理系人材を輩出していく予定。経済産業省では「イノベーション立国」を実現するため、理系分野の研究や科学技術に明るい人材を求めているという。

なぜ今、「理系の積極採用」に注力するのか

近年、日本は国内外から「科学技術立国としての立場が揺らいでいる」といったネガティブな評価を受けている。しかし、イノベーションは研究現場や企業が単独で実現できるものではない。そうした背景を受け、求められているのが「イノベーション立国」を実現するために必要とされる研究現場や科学技術に明るい人材だ。経済産業省は、優秀な理系人材を確保する手段のひとつとして、理系学生に特化したダイレクトリクルーティング型就活サービス「LabBase」の利用を開始した。「LabBase」の利用により、これまで出会う機会が少なかった理系学生との出会いを期待していることがうかがえる。

本サービス開始について、経産省の担当者は「社会を変える鍵は、紛れもなく技術。社会に技術が実装されなければ社会は良くならない。だからこそ今、技術と社会を繋ぐ人材を私たちは求めている」とコメント。理系学生の論理的思考と専門性をいかし、世界を舞台に「イノベーション政策」や「環境・エネルギー政策」などの国家戦略をともに創設できる人材を確保したいとしている。

科学技術の実装スピードを早められるようなエコシステムの構築が求められている現在、日本は科学技術によりイノベーションを起こし、国際的な競争力を強化していく必要がある。経産省による理系学生の採用強化は、「イノベーション立国」を実現していくために必要不可欠な取り組みだ。今度、こうした動きがますます進んでいくだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら