経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

フィンランドのムーブメント「クリーニングデイ」――「アップサイクル」をキーワードに日本にも上陸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「クリーニングデイ(Cleaning Day)」をご存知だろうか? 「ムーミン」やサンタクロースの国として知られているフィンランドで2012年からスタートしたリサイクル・カルチャー・イベントで、年2回、5月の第4週と8月最終週の土曜日に開催されている。フィンランドではこの両日、許可を得ることなくフリマが開催できる。当初は3人の若者の発案によってヘルシンキで始まったゲリラ的な活動だったが、4年足らずで5000会場以上が参加する人気イベントに成長した。2014年には日本にも上陸し、徐々に開催会場を増やしている。日本のクリーニングデイの仕掛け人であり、事務局代表の森下詩子さんにフィンランドと日本、両国のクリーニングデイの取り組みについてお話を伺ったので、レポートしよう。

5月第4週と8月最終土曜日にフリマを自由開催。「地域交流」への機運が拡大を後押し

 クリーニングデイの目的は「リサイクルのハードルを下げる」ことと「地域交流」だ。森下さんによれば、そのコンセプトが受け入れられ、活動が拡大した背景には、クリーニングデイがスタートした2012年当時のフィンランドの状況が関係していると言う。
 「フィンランドは自然が豊かなシンプルライフの国で、もともと古いものを大切にする文化があります。リサイクルショップもたくさんありますし、DIYやフリマも盛んです。例えば、日本人はすぐに新しいものを買いますが、フィンランドではそういう人は少数派。例えば、『このマリメッコのワンピース、リサイクルショップで4ユーロで買ったのよ』と言った方がカッコいいと思われる国なんですよ」と森下さん。マリメッコとはご存知の方も多いと思うが、フィンランドを代表するライフスタイルブランドだ。
 このようにリサイクルが盛んなフィンランドだが、町内会の活動や、町内ごとに盆踊りやお祭りが開催される日本と異なり、個々人が独立していて、地域コミュニティ活動は乏しい傾向があったという。2012年頃はまだリーマンショックの余波が残っており、そうした状況に疑問を持つ声が高まっていた時期だった。自宅の庭先、公園、通りなどでフリマを開催すれば、そこに地域の人が訪れ、会話を交わしたり、交流が生まれる。クリーニングデイは当時のフィンランドの世情にフィットし、やがて協賛企業も現れて、瞬く間に全国に拡大していった。
 5月と8月の最終週に開催することにしたのは、寒さの厳しいフィンランドにおいて、その頃が戸外で活動可能なギリギリの時期だからだ。写真を見てもらえばわかるが、5月のクリーニングデイでも人々コートに身を包んでいる。
5月第4週と8月最終土曜日にフリマを自由開催。「地域交流」への機運が拡大を後押し

日本上陸のきっかけは映画『365日のシンプルライフ』

 気候も文化も大きく異なる日本でクリーニングデイが開催されるようになったきっかけは、映画の配給を本職とする森下さんが2013年に1本のフィンランド映画と出会ったことがきっかけだった。題名は『365日のシンプルライフ』。フィンランドの26歳の青年ペトリが、失恋をきっかけに、ワンルームを埋め尽くしていた持ち物すべてを倉庫に預けるところからスタートするドキュメンタリー映画だ。
 ヘルシンキ在住のペトリは彼女にフラれたことをきっかけに、自分の持ちモノ全てをリセットし、必要なモノを選び出す実験に着手する。自分に課したルールは4つ。

 1. 自分の持ちモノ全てを倉庫に預ける
 2. 1日に1個だけ倉庫から持ってくる
 3. 1年間、続ける
 4. 1年間、何も買わない

 ペトリは毎日、倉庫からモノを1つ選ぶたびに自分にとって必要なモノは何かを考える。そして、モノを直すより買った方が安いことに戸惑い、何のために自分はたくさんのモノを持っていたのか考え、文句を言いながらもモノの出し入れや修理を手伝ってくれる友人たちや、新しいアウトドア好きのガールフレンド、優しい相談相手の祖母、差し入れしてくれる弟など、様々な人たちと交流する中で、「人生にとって大切なものとは何か?」の答えを見出していく。映画はその1年間を記録したドキュメンタリーだ。感銘を受けた森下さんは、この映画を日本でパンドラと共同配給することにした。
 「自分とモノとの関係性を見直したくなるような映画でした。ただ観るだけではなく、見た後で他の観客と語り合いたくなるような。そこで、日本での公開に合わせ、クリーニングデイを映画と抱合せで開催できたら面白いのではないかと考えたのです」
 森下さんは第1回のクリーニングデイをエコの意識が高い鎌倉で開催しようと考えた。だが説明会を開催してみて、フリマは目新しさがなく、リサイクルという言葉はイメージが良くないことに気づかされた。そこで、日本ではフィンランドと異なり「アップサイクル・マーケット」を基本コンセプトに開催することにした。
 「アップサイクル」とは、デザインの力を借りたりリメイクすることで、使わなくなったモノの価値を高め、有用性を見出してく考え方だ。「アップサイクル・マーケット」はその概念を更に発達させ、「古い不要なモノに新しい価値(ストーリー)をつける」「古い不要なモノを生まれ変わらせる」ことを目的にしている。フィンランドの理念を尊重しつつ、セルフオーガナイズすることを大事にしているのだ。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら