経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

“経営者に求められる資質”の1位は「本質を見抜く力」。経営者となるためのトレーニングを受けていない人は6割超に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人日本能率協会(以下、JMA)は2022年12月7日、「トップマネジメント意識調査2022」の結果を発表した。調査期間は2022年7月14日~10月26日で、調査期間内に同社が主催した研修への受講者278名から回答を得た。調査から、これからの経営者に求められる資質や、関心度の高い今後の経営戦略などが明らかとなった。

これからの経営者に求められる資質は「本質を見抜く力」がトップ

変化の激しい時代とされる今、これからの経営者に求められる資質とはどのようなものなのだろうか。まず、JMAが「これからの経営者に求められる資質として、特に重要であると思うもの」を尋ねると、「本質を見抜く力」が41.4%で最多だった。以下、「変化への柔軟性」が37.4%、「イノベーションの気概」が24.8%と続いた。

また、「これからの経営者に求められる資質として、自身の強みであると思うもの」を尋ねると、「変化への柔軟性」が34.5%で最も多かった。以下、「本質を見抜く力」と「情熱」がともに18.7%、「人心掌握力」が12.6%と続いた。

「重視するもの」と「自身の強み」の回答を比べると、「本質を見抜く力」の割合は「重視」に対し「強み」が22.7ポイント低く、「イノベーションの気概」の割合も「重視」に対し「強み」が15.4ポイント低かった。「本質を見抜く力」と「イノベーションの気概」においては、経営者の資質として重要視しつつも、自身の「強み」としては認識していない人が多いことがうかがえる。
これからの経営者に求められる資質は「本質を見抜く力」がトップ

現職への就任を打診された際に「準備ができていた」とする回答は4割

次に同社は、「現在の役職への就任を打診された時点で、必要なスキルやマインド等の準備ができていたか」と尋ねた。すると、「十分に準備ができていた」が6.8%、「ある程度の準備ができていた」が33.8%で、「準備ができていた」とする回答の合計は40.6%だった。一方で、「まったく準備ができていなかった」は9.7%、「あまり準備ができていなかった」は24.8%で、「準備ができていなかった」との回答の合計は34.5%となった。
現職への就任を打診された際に「準備ができていた」とする回答は4割

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら