経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「ミドル世代」の7割以上が“スタートアップへの転職”に好意的。スタートアップ企業に寄せる期待や不安とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エン・ジャパン株式会社は2022年7月20日、「スタートアップ企業への転職」に関する調査の結果を発表した。調査期間は2022年3月29日~5月5日で、転職サイトを利用する35歳以上の1,059名から回答を得ている。調査からは、35歳以上のいわゆる「ミドル世代」における、スタートアップ企業への転職意欲の実態などが明らかとなった。

スタートアップ企業へ転職意欲のある人は8割近くに

政府がスタートアップ企業の支援を行うなど、スタートアップ企業への注目や期待が高まっているが、ミドル世代はそうした企業への転職にどのような意識を持っているのだろうか。エン・ジャパンはまず、「スタートアップ企業への転職についてどう思うか」を尋ねている。すると、「積極的に転職したい」が16%、「条件次第では転職したい」が60%で、「転職したい」派の合計は76%だった。一方で、「どちらかと言えば転職したくない」は17%、「転職したくない」は4%で、「転職したくない」派の合計は21%となっている。
スタートアップ企業へ転職意欲のある人は8割近くに

スタートアップへの転職意欲は50代が高い傾向。「トップとの距離」や「実力主義」が魅力か

次に同社は、先の回答を年代別に分類している。すると、「積極的に転職したい」、「条件次第で転職したい」との回答の合計は、50代が82%で最も多くなった。

また、「スタートアップ企業へ興味を持ったきっかけ」を自由回答で尋ねた質問に対しては、「スタートアップでは、大企業と比べてよりトップの考えや動きを感じながら働けるイメージがある」(54歳男性)、「組織として未完成ながら、リスクをとって事業展開する環境が魅力的」(56歳男性)、「年功序列ではなく、自分の才能を発揮でき、それを評価してもらえそう」(44歳女性)などといった声が寄せられたという。
スタートアップへの転職意欲は50代が高い傾向。「トップとの距離」や「実力主義」が魅力か

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら