経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

9割強の中小企業が支払いに「銀行振り込み」を活用。企業間決済で“キャッシュレス化”が進まない理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン・エキスプレス・インターナショナルは2022年7月19日、「2022年度中小企業の企業間決済に関する調査」の結果を発表した。調査期間は2022年6月3日~5日で、年間売上規模が約1億円以上250億円未満の中小企業の経営者および従業員600名から回答を得た。本調査では、中小企業が支払いに関して感じている課題や、「貸し倒れや支払い遅延」の発生率などが明らかとなった。

企業間決済の課題に「新規取引先の与信審査」を挙げたのは半数以上

近年、個人ではキャッシュレス決済が浸透している。では、企業間の決済の場合はどうだろうか。アメリカン・エキスプレスは、「企業間決済業務にまつわる課題」について、「支払いを受ける際/支払いをする際」のそれぞれの場面ごとに尋ねた。すると「支払いを受ける際」の課題として、最も多かったのは「新規取引先の与信審査」で54.1%(「とても課題を感じる」および「やや課題を感じる」の合計値)が回答。一方で、「支払いをする側」の課題は、「資金繰り」がトップの計55.6%(同合計値)となった。
企業間決済の課題に「新規取引先の与信審査」を挙げたのは半数以上

支払いの遅延が発生した案件のうち、2割が未回収

続いて同社は、経理部門の担当者309名に「過去1年間での支払い遅延の発生」について尋ね、その結果を集計した。すると、支払い遅延が発生した割合は、平均4.6%だった。また、取引先の支払い遅延があった案件のうち、回収につながったのは平均78.4%で、未回収は平均21.6%との結果が得られた。

「支払い遅延案件が回収できた要因」を尋ねると、「営業担当者が交渉」が67.6%で最も多かった。以下、「経理担当者が交渉」が38%、「書面で通知」が22.2%、「その他部門の担当者が交渉」が13.9%、「外部の専門家に依頼」が5.6%、「債権譲渡など第三者から回収」が3.7%と続いた。
支払いの遅延が発生した案件のうち、2割が未回収

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら