経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「女性活躍推進」のハードルの一つは“女性の管理職昇進意向の低さ”か。経営層・上司においても“性別間の意識の差”が浮き彫りに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社パーソル総合研究所は2022年6月30日、「女性活躍推進に関する定量調査」の結果を発表した。同調査は企業調査と従業員調査があり、企業調査は2021年12月20~24日の期間で、従業員規模50名以上の日本企業の、経営企画担当を含む人事担当者400名、経営層400名の合計800名から回答を得ている。一方で、従業員調査は2022年3月25~30日に実施され、従業員規模50名以上の日本企業に属する20~50代の男女5,170名から回答を得た。調査結果から、企業における女性活躍推進状況や、推進における課題などが明らかになった。

約7割の企業で女性管理職比率が1割に届かず

「改正女性活躍推進法」が2022年4月より適用されていることから、企業における女性活躍を推進するための施策に注目が高まっているが、企業における女性活躍推進の状況はどうなっているのだろうか。

パーソル総研はまず、企業を対象に女性管理職割合の実態を探っている。女性管理職の割合が0%の企業を「フェーズI」、1%以上10%未満を「フェーズⅡ」、10%以上20%未満を「フェーズⅢ」、20%以上を「フェーズⅣ」とし、あてはまるフェーズについて尋ねると、「フェーズI」が25.3%、「フェーズⅡ」が41.5%で、女性管理職割合が10%未満の企業の合計は66.8%だった。以下、「フェーズⅢ」が14.1%、「フェーズⅣ」が16.9%、「不明」が2.3%だった。
約7割の企業で女性管理職比率が1割に届かず

女性活躍推進の課題トップは「女性の昇進意欲が無い」。企業フェーズ別でも大差なく

続いて同社は、企業に対し、「女性の管理職登用に関して感じている課題」を尋ねている。すると、「女性の昇進意欲が無い」が42.4%で最多だった。以下、「十分な経験を持った女性が不足している」が41.6%、「登用要件を満たせる女性が少ない」が40.8%と続いた。
女性活躍推進の課題トップは「女性の昇進意欲が無い」。企業フェーズ別でも大差なく

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら