経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

サイボウズが従業員への「インフレ特別手当」の支給を決定。世界的なインフレ生活必需品等の価格上昇による社員の生活不安軽減を図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイボウズ株式会社は2022年7月13日、世界的なインフレ傾向を踏まえ、同社社員に対し「インフレ特別手当」を支給すると発表した。対象となるのは、日本およびグローバル拠点において同社と直接雇用関係のある社員(有期雇用を含む)で、支給は7~8月の期間中に1回。今回の特別手当支給は、急激なインフレの加速による社員の生活への影響を考慮し、社員が不安を持たずに業務を遂行できるよう配慮した結果の決定だという。

拠点ごとに支給額を決定し、特別一時金として夏季に支給

電気代や食料品など、社員の生活基盤となる分野で世界的な価格上昇が進む中、サイボウズは同年6月に、インフレへの対応方法を論議したという。その結果、社員の生活への不安を軽減するべく「インフレ特別手当」の支給を決定した。通常、同社の給与改定は、一部の拠点を除いて毎年1月に実施しているが、今回はインフレへの早急な対応が必要との判断から、特別一時金という形で支給を行うとしている。

インフレ特別手当の支給額は、各国・地域における同社の給与、インフレによる影響額、税金、社会保険負担等を総合的に加味し、決定している。また同社によると、本手当は今後継続的に実施するものではなく、今回に限り支給するものだという。

インフレ特別手当の概要は以下の通り。

【対象者】
支給対象拠点に支給日に在籍かつ、支給日以降に勤務する直接雇用の社員
(無期・有期雇用ともに)

【支給時期】
7~8月間に1回
(給与支給のタイミングにより、各拠点で決定)

【支給額】
月の就業時間に対し、日本・他国拠点で金額を決定。支給額は下記の通り

日本拠点
月の労働時間に応じて、次の額を支給

・128時間超(1日8時間・週4日超勤務):15万円
・96時間超128時間以下(1日8時間・週3日超勤務):12万円
・64時間超96時間以下(1日8時間・週2日超勤務):9万円
・64時間以下(1日8時間・週2日以下勤務):6万円

※()内は一日あたりの目安の勤務時間


その他の拠点
各拠点で金額を決定。海外赴任の社員は、駐在先または駐在元拠点のうち、多い方の金額で支給する


世界的に物価上昇が加速し、生活に不安を抱える人々が多い中、本取り組みは企業にとって注目すべき施策だろう。世界情勢や国内情勢を踏まえた柔軟な対応として参考にしたい。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら