経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経産省、2022年度「キャリア教育アワード」および「キャリア教育推進連携表彰」の開催を発表。キャリア教育の取り組みを募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省は2022年7月1日、第12回「キャリア教育アワード」および、第11回「キャリア教育推進連携表彰」を実施すると発表した。経産省はこれら2つの表彰を通じて、「キャリア教育」を全国に普及させたいとし、企業等の積極的な応募を呼びかけている。なお、応募期間は同日~同年10月14日だ。

企業等による優れた教育支援活動を共有し、「キャリア教育」の普及・啓蒙推進を目指す

経産省は、子どもや若者の育成について、「学校教育にとどまらず、企業や地域が連携し社会全体で取り組むべき課題」であるとし、「子どもや若者自身が問題意識を持って、学び、働くことを通し、自らの指標である『羅針盤』をもってキャリアの構築をしていくことが重要」だと考えている。また、そのためには企業と学校関係者が密接に連携し、「学習内容と社会のつながり」が実感できる教育を、教育現場に継続的に提供することが不可欠だとしている。そうした考えのもと、経産省は「キャリア教育」のさらなる普及を目的として、「キャリア教育アワード」および「キャリア教育推進連携表彰」を、それぞれ2010年・2011年に創設し、表彰制度を実施してきた。

同省は、本年で第12回目となる「キャリア教育アワード」の開催を通じ、“企業等による優れた教育支援活動の成果を広く社会と共有することで、キャリア教育への取り組みや活動が一層促進されてくこと”を目指しているという。また、第11回「キャリア教育推進連携表彰」は文部科学省と共同で実施。キャリア教育への取り組みが、一企業の取り組みにとどまらず、教育関係者と地域・社会・産業界の関係者と連携・協働する動きが、全国へ普及することを目指している。各取り組みの応募対象および応募方法は下記のとおりだ。

【キャリア教育アワード】


●応募対象
企業・経済団体及び専門知識・経験に基づいたキャリア教育プログラムおよびマッチングサービス等を提供するコーディネート機関が、小学校から大学・大学院段階までの子ども・若者を対象に行うキャリア教育の取り組み

●応募方法
エントリーシートに必要事項を記入し送付(送付先は募集要項に記載)

●応募期間
2022年7月1日(金)~10月14日(金)

【キャリア教育推進連携表彰】


●応募対象
学校を中心としたキャリア教育推進のために、教育関係者と行政や地域・社会・産業界が連携・協働し行っている取り組み

●応募方法
エントリーシートに必要事項を記入し送付(送付先は募集要項に記載)

●応募期間
2022年7月1日(金)~10月14日(金)


なお、エントリーシートは経産省のホームページ(下記参考リンク)からダウンロードすることができ、郵送、または「キャリア教育推進連携表彰」のみe-mailでも応募可能だ。

子どもや若者の教育について、経産省は「学校現場だけでなく、企業を含む社会全体で考える課題」と捉えているようだ。政府主導のこうした機会を活かしつつ、教育機関や企業・地域が協働する「キャリア教育」に積極的に取り組むことは、未来への投資として大きな意味を持つのではないだろうか。


お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら