経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

5割が「社内向けウェルビーイング施策」を行うも、社員の状態測定ができている企業は2割程度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェルビーイングを測定するアセスメントを実施しているのは2割程度

最後に、同社は「社員のウェルビーイングを測定するアセスメントを実施しているか」を尋ねた。その結果は、「はい」が23.6%、「いいえ」が76.4%となり、アセスメントを実施する企業は約2割ということが明らかとなった。
ウェルビーイングを測定するアセスメントを実施しているのは2割程度

本調査の結果から、半数の企業がウェルビーイングに取り組み、社員のウェルビーイング推進には一定の理解があることがうかがえた。一方で、「何から取り組んでいいのかわからない」という企業もまだ多いようだ。最初の一歩として、法定の健康診断をベースに社員の健康リテラシーを高めるなど、今行っていることから発展させる施策を検討してみてはいかがだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら