経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

人材育成の目的を「業務指導」と捉えている育成担当者は半数以上。“仕事観”や“組織観”は若手社員と同等に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査結果から、企業の育成担当者においては、育成の目的を「業務指導」と捉えている人が多いことがわかった。また、「何のために働くか」、「組織をどう捉えているか」などといった、仕事観・組織観については、育成担当者と若手社員の間で差が見られないことも浮かび上がった。組織のために必要な人材となる「ポスト人材」の育成を目指すためには、育成担当者の意識変革を促すアプローチが必要なのかもしれない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら