経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「女性活躍推進法改正」の中小企業における認知度は約2割。「業績向上につながる」と認識も、未着手の企業が多数か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“女性の働きやすさ”のためには「勤務体制の優遇化」や「時短勤務制度」が必要か

最後に同社は、「今後の女性の働きやすさ向上に向け、会社にあればいいと思う制度」について、複数回答で尋ねている。すると、子どもの発熱時などに出社時間の融通や自宅勤務が可能な「勤務体制の優遇化」が63.4%で最多となり、以下「時短勤務制度」が40.7%、「会社内ベビーシッター」が36.4%などと続いた。
“女性の働きやすさ”のためには「勤務体制の優遇化」や「時短勤務制度」が必要か

中小・零細企業において、「女性活躍推進法改正」の認知度は2割ほど、女性活躍に向けて取り組む企業は3割ほどにとどまるなど、「女性活躍推進」に意識が向く企業は少数派であるのが現状のようだ。しかし、「女性が活躍できる職場環境を構築することが業績向上にも繋がる」という意見が6割を超えることからも、企業にとって重要な施策であると認識していることがうかがえる。施策を未実施の企業では、今回の調査結果も参考にしながら、今後の対応を検討してみてはいかがだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら