経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

約7割の大手法人が従業員の「遠隔地の居住」を容認。通勤手当の支給はどうしているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の調査では、「従業員の遠隔地の居住を認める」とした法人が多くを占める一方で、各種制度面から「遠隔地居住は認められない」という姿勢を示す法人もいるとわかった。コロナ禍以降、テレワークの浸透により、働く環境が大きく変わった従業員も一定数いると考えられる。多様な働き方を求める従業員の声にどのように応えていくか、自社での方針を改めて検討する必要がありそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら