経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業を対象とする支援策をまとめた「中小企業活性化パッケージ」を、経済産業省が策定。具体的な支援内容や期間とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2.中小企業の収益力改善・事業再生・再チャレンジの総合的支援

●収益力改善フェーズ

(1)認定支援機関による伴走支援の強化
→収益力改善に向けた計画策定に加え、認定支援機関による計画実行状況のフォローアップや助言等の強化【2022年4月~】

(2)協議会による収益力改善支援の強化
→ポストコロナを見据え、中小企業再生支援協議会において、コロナ禍で緊急的に実施している特例リスケ支援を収益力改善支援にシフト【2022年4月~】

●事業再生フェーズ

(1)中小機構が最大8割出資する再生ファンドの拡充
新型コロナによる影響が大きい業種(宿泊、飲食等)を重点支援するファンドの組成、ファンド空白地域の解消を促進【順次】

(2)事業再構築補助金に「回復・再生応援枠」を創設
→再生事業者が優先採択される枠を創設し、収益力の向上を促進【2022年春頃~】
・補助率:3/4(中堅2/3)
・補助上限額:従業員規模により500万~1,500万円

(3)中小企業の事業再生等のガイドラインの策定(経営者退任原則、債務超過解消年数要件等を緩和)
→数百人規模の民間専門家(弁護士等)を活用し支援
→ガイドラインに基づく計画策定費用の支援制度創設【2022年4月~】

●再チャレンジフェーズ

(1)経営者の個人破産回避のル-ル明確化
→「経営者保証ガイドライン」に基づく保証債務整理の申出を受けた場合、個人破産回避に向け、金融機関が誠実に対応するとの考え方を明確化【2021年度中】

(2)再チャレンジに向けた支援の強化
→経営者の再チャレンジに向け、中小機構の人材支援事業を廃業後の経営者まで拡大【2022年4月~】
→中小機構において、廃業後の再チャレンジに向けた専門家支援を展開【順次】
→公庫の再チャレンジ支援融資を拡充【2022年2月~】


資金力に乏しい中小企業では、コロナ禍に受けたダメージにより、「今後を見据えた思い切ったチャレンジができない」という状況もあるだろう。「中小企業活性化パッケージ」にてまとめられているような公的支援を活用しながら、事業の活性化に取り組んでみてはいかがだろうか。



お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら