経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

20代・30代の若手経営者は「目標やビジョンの振り返り」をどれだけ実施しているのか。頻度や内容、方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ちょんまげ(以下、ちょんまげ)は2022年1月13日、「若手経営者の振り返り」に関する実態調査の結果を発表した。調査期間は2022年1月5日〜7日で、25~39歳の中小企業、スタートアップ企業、ベンチャー企業の経営者110名から回答を得た。これにより、若手経営者の「振り返り」に関する頻度や方法などの実態が明らかとなった。

若手経営者のおよそ3分の2が「2021年の目標やビジョンの振り返り」を実施

20~30代の若手経営者は、自身の目標に関する振り返りをどのように行っているのだろうか。

調査ではまず、「2021年の目標やビジョンの振り返りを実施したか」と質問している。すると、66.4%が「実施した」と回答し、「実施していない」とした33.6%の約2倍となった。およそ3人に2人の若手経営者が、「2021年の振り返り」を実施したことがうかがえる。
若手経営者のおよそ3分の2が「2021年の目標やビジョンの振り返り」を実施

振り返りの頻度は「月に1度」が最多。「日々」や「週に1度」など頻繁に行う人も

次に、同社が「目標やビジョンの振り返りを行う頻度」を尋ねると、最も多かったのは「月に一度」の25.5%となり、以下、「日々行っている」が17.3%、「四半期(3ヵ月)に一度」が13.6%、「週に一度」が12.8%などと続いた。振り返りの頻度は、経営者によってさまざまであることがうかがえる。
振り返りの頻度は「月に1度」が最多。「日々」や「週に1度」など頻繁に行う人も

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら