経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「脱炭素経営」に取り組む企業は中小製造業で5割超に。機器やシステム導入には適切な情報取得が重要か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全研本社株式会社(以下、全研本社)は2022年1月7日、「脱炭素経営」に関する実態調査の結果を発表した。調査期間は2021年12月17日~19日で、脱炭素経営に取り組んでいる従業員数30人以上の製造業の経営者108名から回答を得た。これにより、脱炭素に向けた取り組みの状況と効果、課題などが明らかとなった。

半数以上が脱炭素経営のために機器やシステムを導入済み

脱炭素化に向けて企業の社会的責任が高まっているが、実際の取り組みを通じて、企業ではどのような効果や課題を感じているのだろうか。

はじめに、全研本社が「脱炭素経営の取り組みにあたり、機器やシステムを導入したか」と質問すると、「はい」が55.6%、「いいえ」が44.4%となった。半数を超える企業で、新たに機器やシステムを導入したことが判明した。
半数以上が脱炭素経営のために機器やシステムを導入済み

具体的な取り組みでは「省エネ設備の導入」や「LED照明の導入」が上位に

続いて同社が、「実際にどのような取り組みをしているか」について複数回答で尋ねたところ、「省エネ設備の導入」および「LED照明の導入」が共に73.3%で最多となり、次いで「自家消費型太陽光発電の導入」が51.7%と続いた。

また、自由回答では「ゴミの削減や再利用」、「リサイクル機構の利用」、「社用車のEV車への変更(予定)」、「高効率モーターへの更新」などの回答が得られた。
具体的な取り組みでは「省エネ設備の導入」や「LED照明の導入」が上位に

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら