経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

新型コロナワクチンの3回目の職域接種を、GMOインターネットが実施へ。従業員・家族・顧客など約18,000人が対象に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)は2022年1月21日、3回目の新型コロナウイルスワクチンの職域接種を2月下旬より開始すると発表した。今回の職域接種は、GMOインターネットグループにおいて昨年2回接種を終えたグループ内の全パートナーとその家族、また顧客なども含めた約18,000人全員を対象としており、居住地の自治体より接種券を受け取った対象者から、順次実施していく予定だという。

接種は2月下旬より開始予定。医療機関との連携により詳細な日程を調整中

GMOインターネットでは、2021年6月にグループとしての職域接種実施方針を公表しており、2021年10月6日には国内18,136名へのワクチン2回接種を完了するなど、いち早く体制整備を進めてきている。追加接種となる今回の職域接種は、政府方針を受けて2021年11月18日に決定していたもので、3回目の接種に必要なワクチン納品の目途が立ったことから、実施時期を確定したという。現在、医療機関との連携のもと、詳細な実施日程の調整中だとしている。政府の方針では、3回目接種の日程は「前回接種より7ヵ月以上間隔を空けてから」とされているが、接種方針の変更により前倒しで行えるようになった場合は、開始時期を早めて接種を行う方向で調整を進めるとのことだ。

同社は、「これまでの日常を取り戻し、パートナー(従業員)とその家族、顧客、地域住民が安全に暮らせる未来に向かうため、3回目接種実施に向けて準備を進めていく」としている。

オミクロン株の感染拡大が急速に進んでおり、ワクチンの追加接種が急がれている。ワクチン接種を希望する従業員にとって「職域接種」という選択肢が増えることは、安定した企業活動を継続するためにも、有効な策となるのではないだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら