経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業の約半数が「SDGs」を認知しつつも、取り組む企業は約1割に。施策によって「モチベーション向上」などの成果も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「補助金や免税制度」などの経済支援が取り組み推進のカギか

同社が最後に、「中小企業がよりSDGsに取り組みやすい状況になるために必要だと感じること」について聞いたところ、最も多かったのは「補助金や税免除など、公的機関からの経済支援」で38.1%、次いで、「公的機関からの案内・報道など、中小企業の取り組み事例紹介の増加」が19.5%となった。一方で、「何もない・取り組む必要を感じない」も37.9%と4割近く、当事者意識を持たない企業も多いことがうかがえる結果となった。
「補助金や免税制度」などの経済支援が取り組み推進のカギか

中小企業ではSDGsに取り組んでいない企業が過半数のようだが、取り組みを行なっている企業からは、効果やメリットを実感する声も多い。国連が掲げる目標達成の目安時期から10年を切った今、取り組みを実施していない企業でも、自社でできる施策を検討してみてはいかがだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら