経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

【社長の年金】第13回:2月末が申し込みのリミット! 今だからできる「個人オーナーの年金保険料節約術」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

割引額の発表から申込期限までは“わずか1カ月”

実は、本稿を執筆している令和3年12月時点では、前納割引制度の令和4年度の割引額は公表されていない。新年度の割引額は、毎年1月下旬に厚生労働省から発表されることになっているためである。

そして、厚生労働省からの発表が行われた翌月の2月末日には、同年の4月からの「口座振替による2年分の保険料前払い」の申し込みが締め切られることになる。つまり、春からの保険料において最大限の割引を受けることを考えた場合、「新年度の割引額の発表から申込期限」まではわずか1ヵ月程度しかないわけである。


法人の代表取締役が納付する厚生年金の保険料には、「前払いをして割引を受ける」という仕組みが存在しない。従って、年金保険料の前納割引制度は、個人オーナーの社長だからこそ利用できる有利な制度と言える。

しかしながら、2月末日の申込期限を逸してしまい、春からの年金保険料において最大限の割引を受けられなくなった事例が、毎年のように多発している。「気が付いたら申込期限を過ぎていた」といったことがないよう、保険料の節約を希望する個人オーナー社長の皆さんは、忘れずに手続きをしていただきたい。


お気に入りに登録

プロフィール

コンサルティングハウス プライオ 代表 大須賀 信敬(監修者)

コンサルティングハウス プライオ 代表 大須賀 信敬(監修者)

組織人事コンサルタント/中小企業診断士・特定社会保険労務士
中小企業の経営支援団体にて各種マネジメント業務に従事した後、組織運営及び人的資源管理のコンサルティングを行う中小企業診断士・社会保険労務士事務所「コンサルティングハウス プライオ」を設立。『気持ちよく働ける活性化された組織づくり』(Create the Activated Organization)に貢献することを事業理念とし、組織人事コンサルタントとして大手企業から小規模企業までさまざまな企業・組織の「ヒトにかかわる経営課題解決」に取り組んでいる。一般社団法人東京都中小企業診断士協会及び千葉県社会保険労務士会会員。
コンサルティングハウス プライオ

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら