経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

コロナ禍で企業の年末年始はどのように変化しているのか? コロナ前と比べた、忘年会や年賀状などの状況とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル株式会社は2021年12月20日、「コロナ禍における職場の年末年始」に関する調査の結果を発表した。調査期間は2021年11月30日~12月6日で、同社の事業所向けサービスに登録している企業から、1,822件の回答を得ている。これにより、新型コロナウイルス流行下における、企業の年末年始休業や行事などの状況が明らかとなった。

年末年始休業期間は「6日~8日間」が多い傾向に

新型コロナウイルスの影響を受けて、企業の年末年始に変化はあるのだろうか。調査ではまず、「勤務先の年末年始休業の期間」を尋ねている。その結果、最も多い回答は「6日間」で20.7%となり、以下は「7日間」が18.7%、「8日間」が9.9%などとなった。また、今回の調査対象期間の12月25日~1月10日における、平均休業日数は7.1日だったようだ。
年末年始休業期間は「6日~8日間」が多い傾向に

昨年と比べ、忘年会を実施する企業が増加

調査では続いて、「2021年の忘年会の予定(実施済を含む)」を尋ねている。すると、「例年通り実施」が8.9%、「規模を縮小して実施」が8.1%、「リモートで実施」が0.5%となり、「何らかのかたちで実施または実施予定」との回答が、合わせて17.5%となった。昨年行なった同様の調査の結果では、同合計が9.1%だったことからすると、8.4ポイントの増加となっている。

一方、「実施を辞めた」は34.5%となり、昨年調査の56.5%と比べ22ポイント減少という結果に。これらの結果から、昨年に比べると忘年会を実施する企業が増加していることがうかがえる。
昨年と比べ、忘年会を実施する企業が増加

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら