経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「キャリア自律」について若手・中堅社員はどのように捉えているのか。「自律」の解釈や「会社に求めること」が明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルートマネジメントソリューションズは2021年11月29日、同社が運営する組織行動研究所が行った「若手・中堅社員の自律的・主体的なキャリア形成に関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は2021年9月16日~21日で、従業員数300名以上の企業に勤務する正社員のうち、若手および中堅にあたる613名から回答を得た。これにより、ビジネスパーソンの「キャリア自律」に対する見解や、キャリア自律に向けた取り組みに対する意識などが明らかとなった。

従業員の多くが、キャリア自律に「自己責任」や「自己決定」が必要だと認識

従業員個人が主体的にキャリアを形成していく、「キャリア自律」を求める企業が増えている。では、働く個人は「キャリア自律」をどのように受け止めているのだろうか。

調査でははじめに、「『自律的・主体的なキャリア形成』をどのような意味合いで捉えているか」を複数回答で尋ねている。その結果、回答が多かったのは、「『自分のキャリアの責任は自分にある』と考えること」(64.6%)や、「自分の価値観に基づいて、自分でキャリアを選択すること」(61.3%)で、それぞれ6割を超えた。

一方で、回答が少なかったのは、「会社に頼らないで、自分の力でキャリアを切り拓いていくこと」(38%)や、「1つの職業や会社にとらわれずに、臨機応変にキャリアを形成すること」(40.1%)などで、上位の回答からは20ポイント以上の差が見られた。
従業員の多くが、キャリア自律に「自己責任」や「自己決定」が必要だと認識

また、「自身のキャリアを考える上で重要だと思うこと」を上位3つまでの選択制で尋ねると、回答が多かったのは、「自分の価値観に基づいて、自分でキャリアを選択すること」(29.7%)や、「自分に合った働き方を主体的に選択すること」(27.6%)などだった。

一方で回答が少なかったのは、上の設問と同様に、「1つの職業や会社にとらわれずに、臨機応変にキャリアを形成すること」(11.9%)や「会社に頼らないで、自分の力でキャリアを切り拓いていくこと」(13.7%)といったものだった。「自身の価値観にあった働き方を選択すること」を重視するビジネスパーソンが多いことがうかがえる。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら