経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

冬のボーナス、いまだ半数の中小零細企業が「不支給」か。業績は回復傾向も、先行きの不安から支給の見通し立たず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社フリーウェイジャパンは2021年12月6日、中小企業および零細企業を対象に実施した、「コロナ禍の公的助成金・補助金に関する利用実態調査」の中から、「冬期ボーナス」に関する調査項目の結果を発表した。調査期間は2021年11月10日~21日で、中小企業・零細企業の従業員248人と、代表取締役79人から回答を得たという。これにより、中小零細企業における、賞与支給に関する実態や、業績の回復状況などが明らかとなったようだ。

中小零細企業のボーナス支給、5割近くが「不支給」に

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化するなか、中小零細企業における冬の賞与支給の状況は、例年と比べて変化しているのだろうか。はじめに同社が、「2021年度の冬のボーナス支給の有無」について尋ねると、最も多かったのは、「支給されなかった/支給される予定は無い」で48.4%に。一方で、「支給される予定だが、支給される金額は分からない」が30.2%、「まだ支給されていないが、支給される予定で支給額も把握している」が17%となり、支給予定者は合計で47.2%となっている。「支給予定」と、「不支給または不支給予定」との回答がほぼ拮抗する形だ。
中小零細企業のボーナス支給、5割近くが「不支給」に

支給額のボリュームゾーンは昨年と同様の「10万円~30万円未満」

調査では続いて、「支給された」または「まだ支給されていないが、支給される予定で支給額も把握している」との回答者に、「支給額」を聞いている。すると、回答者が最多だったのは、「20万円~30万円未満」で25.9%となり、次いで、「10万円~20万円未満」が18.5%に。この結果から、支給額のボリュームゾーンは「10万円~30万円未満」で、同社が昨年実施した調査と同様の結果であることがわかった。一方で、昨年度調査での支給額の最多回答が「10万円以上~20万円未満」だったことと比較すると、金額は増加傾向にあることがうかがえる。
支給額のボリュームゾーンは昨年と同様の「10万円~30万円未満」

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら