経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「職場の忘年会」への意識を年代別に調査。20代が「参加したい」と考える忘年会の内容とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

oVice株式会社は2021年11月18日、「2021年の忘年会に対する最新意識調査」の結果を発表した。調査期間は2021年11月10日~11日で、1都3県と2府1県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県)で51名以上の企業に勤務する20代~50代の会社員、男女1,238名から回答を得た。このうち316名は新型コロナウイルスの流行下で入社した社員だ。ここから、会社の忘年会に対するビジネスパーソンの意識を浮き彫りにしている。

参加を希望する理由は「会社の人と親睦を深めたい」が各年代で最多

新型コロナウイルスの感染者数が国内で減少傾向にある今、忘年会に対してビジネスパーソンはどのような意識を持っているのだろうか。はじめに、忘年会への参加意向のある20代~50代に対して、「参加したいと思う理由」を聞くと、すべての年代で最も多かった理由は「会社の人と親睦を深めたいから」。回答者の割合は20代60%、30代72.7%、40代67.4%、50代66.1%といずれも6割を超えた。また、「1年の頑張りを同僚と労い合いたい」と回答した人の割合は50代で45.6%となり、20代の2倍以上であったことから、年代が上の社員ほど、飲み会を「同僚とのコミュニケーションの機会」と捉えている人が多いことがうかがえる。
参加を希望する理由は「会社の人と親睦を深めたい」が各年代で最多

不参加を希望する理由、20代では「上司・部下に気を遣うから」がトップ

一方で、「不参加」を希望した回答者に「その理由」を尋ね、年代別にまとめている。20代で最も多かった答えは「上司や部下に気を遣う必要があるから」で54.9%と過半数であった。以下、「帰宅が遅くなるのが嫌」(50.1%)、「お金を払ってまで会社の人と飲んだり食べたりしたくないから」(48.8%)、「業務時間外まで会社の人と関わりたくないから」(44.8%)という結果に。他の年代と比べ、多数となった回答は「飲み会マナーが面倒」(39.5%)で、50代とは24.7ポイントの差があったという。また自由回答では、「お金を払ってまで気を遣いたくない」、「お酌したり料理を取り分けたりするのが面倒」などの声があがった。マナーを負担に感じるかどうかが、忘年会への意識における年代間のギャップの一つといえそうだ。
不参加を希望する理由、20代では「上司・部下に気を遣うから」がトップ

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら