経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

約9割の経営者が「心理的安全性」を高めたことで売上・生産性の向上を実感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社カルチャリアは2021年11月5日、企業規模100名以上300名未満の企業経営者に実施した、「心理的安全性」に関する調査の結果を発表した。レポートは、2021年10月28日に実施し、従業員数100名以上300名未満の企業の経営者109名から得た回答をもとに作成。心理的安全性に関する企業の意識や、業績との関連性などがあることがうかがえる内容であった。

ほぼ100%の経営者が、心理的安全性は「健全な組織運営のために重要」と回答

調査では、はじめに、「心理的安全性は健全な組織運営のために重要か」との質問があった。結果は「かなりそう思う」が70.7%、「ややそう思う」が28.4%で、合わせて99.1%もの経営者が心理的安全性を重要だと捉えていた。
ほぼ100%の経営者が、心理的安全性は「健全な組織運営のために重要」と回答

「心理的安全性を高める施策」を実施する企業が半数以上

続いて、「心理的安全性を高める施策を行っているか」との質問では、54.1%が「行っている」、35.8%が「行っていない」と答えた。半数を超える企業が何らかの施策を実施している一方で、重要性を把握しながら施策を実施していない企業も3割を超える結果となった。
「心理的安全性を高める施策」を実施する企業が半数以上

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら