経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「研修・育成」で重視するテーマ、大企業を中心に「女性リーダー育成」を重視する傾向が調査で判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大企業が特に注力する「女性リーダー育成」と「ダイバーシティの理解促進」

次にこの回答を選択肢ごとに数値化し、その平均値を企業規模別に集計(選択肢ごとの得点:「非常に重視している」=6点、「重視している」=5点、「やや重視している」=4点、「あまり重視していない」=3点、「重視していない」=2点、「まったく重視していない」=1点)した結果を紹介する。先ほどの質問で第1位の「中堅社員の業務遂行能力の向上」は大企業:4.84、中堅企業:4.75、中小企業4.55であった。第2位の「新入・若手社員の業務遂行能力の向上」は、大企業:4.90、中堅企業:4.75、中小企業4.51、第3位の「課長層のマネジメント力の向上」は、大企業:4.98点、中堅企業:4.86点、中小企業:4.57点となった。これらは、企業規模を問わず重視していることが分かる。

大企業と中小企業で平均点に大きな差が見られた項目が二つあり、一つは「ダイバーシティの理解」(全体の重視度)。大企業は4.53、中小企業が3.56で差異は0.97ポイントとなった。もう一つが「女性リーダーの育成」で、こちらは大企業4.73、中小企業3.79の差異0.94ポイントであった。大企業は、女性登用比率などの情報開示が法改正により求められているためか、「女性リーダー育成」や「ダイバーシティ促進」に積極的に取り組んでいるようだ。
大企業が特に注力する「女性リーダー育成」と「ダイバーシティの理解促進」

今回の調査では、企業規模を問わず多くの企業が「若手」「中堅」「課長職」などを対象とした「階層別研修」に力を入れていることがわかった。人材難が深刻化する現代において、「育成」を通して企業の組織力をいかに高めていくかが、ますます重要になりそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら