経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

5割以上の企業で『ペーパーレス化』進まず。「ITスキル」や「セキュリティ」の面で課題も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人日本能率協会は2021年11月1日、全国のビジネスパーソンを対象に2013年より実施している、「職場や仕事に対する考え」に関する意識調査「ビジネスパーソン1000人調査」の中から、職場における「ペーパーレス化実施状況」の結果を発表した。調査期間は2021年8月13日~23日で、全国の企業や団体で働く正社員、役員、経営者1,000名から回答を得た。これにより、新型コロナウイルス感染症の影響からオフィス外での働き方が浸透する昨今の、企業におけるペーパーレス化の取り組み状況や課題などが明らかとなった。

電子化が進んでいるのは「勤怠管理」。「印鑑」や「契約書」では遅れも

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けてテレワークを導入する企業が増える中、職場でのペーパーレス化は進んでいるのだろうか。「あなたの会社は、どのような点が『電子化』されたか」との質問への回答を項目別に見ると、「勤怠管理」では、「完全に電子化された」が51.8%、「一部電子化された」が21.2%となり、合計で73%と、全項目中で最も多くなった。2019年4月から「従業員の労働時間の把握」が義務化されたことにより、他の業務より電子化が進んだと考えられる。

反対に「完全に電子化された」との回答が少なかったのは、「印鑑」(10.5%)、「FAX」(14.8%)、「契約書」(15%)。いずれも1割台という。この3項目については、「電子化されていない」が約5割~6割超という結果となった。
電子化が進んでいるのは「勤怠管理」。「印鑑」や「契約書」では遅れも

5割以上が「この1年でペーパーレス化が進んでいない」と回答

「あなたの職場は、この1年でペーパーレス化が進んでいるか」との質問に対し、「進んでいる」との回答は43.9%(「とても進んでいる」が7.2%、「やや進んでいる」が36.7%)であった。一方で、「進んでいない」は56.1%(「あまり進んでいない」が35.4%、「全く進んでいない」が20.7%)と、半数以上を占めた。
5割以上が「この1年でペーパーレス化が進んでいない」と回答

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら