経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業の半数以上が「ビジネスカード(法人向けクレジットカード)」を所持。利用限度額や配布枚数、導入の目的とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マネーフォワードは2021年9月28日、「ビジネスカードの利用に関する調査」の結果を発表した。調査時期は2021年7月で、開業10年以内かつ、従業員数30名以下の法人経営者、および経理担当者625名から回答を得た。これにより、ビジネスカードの利用実態が明らかとなった。

5割以上の企業がビジネスカードを所持

企業の経費精算時などに活用されるビジネスカードだが、実際にはどの程度の企業で利用が進んでいるのだろうか。

はじめに、「ビジネスカードの所持率」を調査した。すると54.5%が「持っている」と回答。半数以上の企業が、ビジネスカードを所持していることが判明した。
5割以上の企業がビジネスカードを所持

4割以上の企業が「開業後3ヵ月以内」に契約

続いて、「ビジネスカードの契約時期」を尋ねると、最も多かったのは、「開業から1年よりも後」で22.3%となった。他方で、「開業後3ヵ月以内」が19.2%、「開業後1ヵ月以内」が16.1%、「開業後1週間以内」が12.4%と、合計47.7%の企業が、開業後3ヵ月以内にビジネスカードを契約していることがわかった。
4割以上の企業が「開業後3ヵ月以内」に契約

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら