経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

タツノが自社のDX実現に向け基幹システムを刷新、カーボンニュートラルに対応する新たな事業基盤を整備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社タツノ(以下、タツノ)は、「既存ビジネスのサービス化」および、「カーボンニュートラル社会に対応した事業変革」を支える基幹システムとして、日本オラクル株式会社(以下、オラクル)が提供するSaaSサービス「Oracle Fusion Cloud Applications」製品群を採用したと発表した。「販売・見積」、「サブスクリプション」、「生産」、「会計」、「経営管理」に関する製品群を採用することで、自社のDXを進める意向。これにより、国内ビジネスをさらに強化し、海外ビジネスの成長を加速していくとともに、変化する市場に対して、迅速かつ柔軟に拡張できる仕組みを構築するという。

基幹システムを全社で統一し、経営情報をリアルタイムで可視化

「ガソリン計量機の製造・販売」に加え、「給油施設の建設工事、メンテナンス」、「環境保全」なども手がけるタツノは、国内だけでなく、70以上の国と地域で事業を展開している。現在は、これまで物販を中心に展開してきた既存事業の維持・拡大を目的にサブスクリプションサービスを強化する一方で、「カーボンニュートラル社会」の実現に向けて、燃料電池車用の水素ディスペンサーの開発や、供給施設の普及に関する事業を強化しているという。

このような状況のなか、同社がこれまで約30年にわたって使用している基幹システムでは、「経営」、「業務」、「IT」の3側面において、それぞれ「迅速な経営判断が困難」、「分散されたシステムに起因する、非効率な作業の増大」、「システムの保守切れと、運用・保守費用の負担」といった課題が顕在化していた。これらを解決するソリューションとして、今回オラクルが提供するSaaSをはじめとするサービスの利用を採用した。

同社では、企業活動の全業務プロセスを網羅するサービスを採用することで、「製品ライフサイクル情報」や、既存契約やサブスクリプションサービスの会計から顧客・契約管理までにわたる「経営情報」などの、リアルタイムでの可視化を実施した。全社の最適化により、「過剰在庫の解消」や「製品補充タイミングの適正化」だけでなく、「収益率の向上」や「資金繰りの改善」の効果も見込んでいる。

また、営業の分野では同社が扱う「モノ」と「サービス」に関する情報の一元管理を可能とすることで、在庫およびリソースをシステム上で把握。迅速な見積作成と提案を行い、機会損失の軽減につなげたい考えだ。

こうして、全社システムを先端テクノロジーが反映される製品に統合することで、セキュリティや拡張性を確保しつつ、運用・保守コストの低減も実現したいという。

変わりゆく時代に対応した価値を提供し続けるためには、事業内容に応じて柔軟に対応できるシステムを構築していく必要があると言える。未対応の企業は、機会損失を防ぐためにも、自社のDXを進めてみてはいかがだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら