経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

脱炭素社会実現に向け、産官学が連携し1,000人のイノベーター育成を目指す。経済と環境の好循環を生むイノベーション創出へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Youth Green Innovation Project実行委員会と一般社団法人Green innovationは2021年8月16日、「脱炭素社会」実現を牽引する次世代イノベーター1,000人の育成を目指す「Youth Green Innovation Project」を2021年10月より共同で開始すると発表した。これは産官学が連携してグリーンイノベーションへの関心を高め、優秀かつ熱意を持った人材の発掘と育成に取り組むもの。2050年までのカーボンニュートラル社会の実現に向け、貢献したい考えだ。

さまざまな視点から革新的アイデアを創出できる、若手リーダーの輩出へ

気候変動をめぐり、国際的な議論や産業政策が活発化するなか、産官学それぞれがビジョンを共有し、セクターや世代を越えた対話と共創がますます重要視されている。また、2050年までを目標に据えている「カーボンニュートラル」の実現を目指すには、積極的な環境対策と経済成長を共に達成しうるイノベーションが欠かせない。ただ、実際には「自分に出来ることがわからない」と感じている人も多い現実があるという。

そこで、Youth Green Innovation Project実行委員会とGreen innovationは、各個人のライフスタイルから経済活動の全サプライチェーン、福祉や税制まであらゆる分野における横断的な視点でイノベーションを起こすことができる人材の育成を目的として、協働して今回のプロジェクトを企画した。

本プロジェクトは「Green Innovator Academy(以下、アカデミー」)」と「Youth Green Innovation Forum(以下、フォーラム)」の2つで構成されている。

アカデミーは「100名の学生」および「企業の若手社員」等を対象としており、オンラインと現場体験を組み合わせた半年間に渡るプログラムで、初年度となる今年は10月末に開始する予定だ。

一方のフォーラムには、アカデミーに参加する学生にくわえ、「グリーンイノベーションを牽引する企業の社員」、「若手官僚」、「専門家」、「有識者」が参加。2050年の脱炭素社会実現に向けた、グリーンイノベーション創出に関する分科会とパネルディスカッションの実施を、2022年3月12日・13日の2日間で開催する予定だ。この他、プロジェクトの詳細については、後日改めて発表する。

また、本プロジェクトは、世界経済フォーラムにより組織されたコミュニティ「Global Shapers」の現メンバーおよびアルムナイが中心となり運営するため、世界200ヵ国の次世代リーダーとのネットワークが活用できる。加えて、運営メンバー自身も「次世代」と呼ばれる世代であることから、世代間の架け橋にもなることも期待できるという。

気候変動を起因とする災害が世界各地で頻発するなか、これらを解決し、経済の好循環を創出できるアイデアやリーダーシップが、今後ますます必要とされている。このような人材育成の取り組みに積極的に参加していくことも、企業の社会的責任となっていくのかもしれない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら